肌診断アプリがスゴイ!使ってみた感想

化粧品ブランドや、美容系のサイトでインターネットで肌診断が出来るようになって便利になったと思っていましたが。
スマートフォンの普及率も上がって、アプリでコミュニケーションやゲームが出来る時代になりました。
昭和生まれの33歳、発言がババくさいかもしれませんが、本当に便利で楽しみの多い世の中になりましたね。
昔はゲームがしたいと思ったら、ゲームの本体とカセットを買わないと出来なかったのに、スマホひとつでネット・電話・アプリでゲームもできちゃうんです。
何かを始めるには、初期費用、お金が必要だって時代ではなくなったんですね。
まさか、コスメカウンターでしか出来ないと思っていた肌診断がスマホで出来るなんてビックリしました。

検索してみると「肌質診断」「肌年齢診断」と出てきたので、実際にいくつか試してみたいと思います!
私はスマートフォン、Andoroidを使用しているので、Android対応のアプリで出来るものになります。
主婦としては、おサイフケータイ付きのAndoroidで良かった気もするけど、「楽しそうなアプリはiPhoneが多いな~」と実感したりもしたので、そのことにも少し触れながらレポートしてみたいと思います。

普段つかっているスマホが美容グッズになるみたいだけど、正確さはどうか?結果が楽しみです。

肌質診断アプリを試してみよう

私の肌質は、コスメカウンターで「乾燥性、脂性肌」と診断された事があります。
肌の水分量が少なく乾燥してしまうので、肌にダメージを受けないよう保護するために皮脂が過剰に出ている状態の事なんだそうです。
肌の水分量は少なく皮脂が多い、カサカサなのにべたつく肌の持ち主です。
結果がこの肌質と診断されたら、正確なのかな?ということになりますね。

Andoroidで出来る肌質診断アプリ

検索してヒットしたのでインストールしてみたけど、アプリ自体の不具合だったりで出来るものがありませんでした・・・。
まさかの撃沈をくらいました・・・。レポートが出来なくて、申し訳ないです。

リリース予定で気になっているのが「viewty」、β版の体験者を募集していたので正式なリリースはまだのようでした。
有名な声優さんが励ましてくれながらスキンケアが出来るアプリみたいで、ずぼらな自分的には応援してもらえるのはちょっと嬉しい機能な気がします。

器具が必要になるけど本格的なアプリがありました!

「hada more」と 「hada more Biz」言う、資生堂から出ているアプリがありました。(iPhone/Andoroid対応)

専用レンズ「Memoret(ミモレ)」(9,000~10,000円)が必要になりますが、カメラで自分の肌の状態がチェックできる本格的な仕様でした。
ミモレをスマートフォンに装着して、お肌の状態を撮影して「キメ」「シミ」の状態がチェックできおススメのケアが解ります。
まさしく、「おうちがコスメカウンターになる」って感じのアプリですね。
ミモレは公式サイトやAmazonで購入できるので、毎日の状態を知って、毎日がコスメカウンター状態でケアしたい方はこのアプリは向いているんじゃないでしょうか?
肌の診断には器具が必要になりますが、「UV予報」「乾燥予報」などは無料でも使える範囲なので、スキンケアを何種類か使い分けている方の判断材料になると思います。

「いやいや、10,000円はかけられないよ。簡単に、安い課金で使えるのがアプリの良いところじゃない?」、そんな方は気長に待つことになりますが、Kaneboから出ている「smile connect」がおススメです。

「肌水分センサー」と言う専用の器具が必要になるのですが、送料は自己負担になりますがキャンペーン時に申し込めば無料で手に入ります。
ネットでKaneboの製品を買う時に付いてくる事もあるみたいでした。
文字通り、スマホのイヤホンジャックに装着して肌の水分量を計測するものです。
顔だけじゃなく、体の気になる部分も計測できるのでボディクリームのタイプに迷った時によさそうですね。
アプリ自体は無料で、花粉の量や紫外線の強さも解る便利機能がついていました。

肌年齢を診断するアプリを試してみました。

アプリの肌診断の中には、「肌年齢」を診断するものがありました。
血管年齢が実年齢以上だった私は、肌年齢まで実年齢以上だったら立ち直れません。
立ち直れませんけど、「気づいたときが始めどき、今が一番若い。」なので早めに手を打つために試してみます。
コスメカウンターで肌の年齢までは診断された事がないので、判断が難しくなりますが「エイジングケア気にしすぎですよ、年相応の肌なので詰め込むのはやめましょう。」と言われた事があります。
私の実年齢は33歳なので、年相応の30歳前後が出たら正確ってことで判断したいと思います。
お化粧をしてアラを隠した状態ではなく、前髪もあげて額のシワも出して本気のすっぴんな洗顔後に試してみました。

肌年齢診断

そのままのアプリ名「肌年齢診断」、カメラ昨日は使わずに質問に答えるだけのタイプになります。

カメラを使わないので、すごく悪い結果にならないだろうと楽な気持ちで回答していきます。

嫌な気持ちにはならないけど、20代と言われたら幅広いので前半なの?後半なの?感がありました。
個人的には、手放しに喜べない・複雑な気持ちが残る結果になりました。
無料で楽しむ事ができますが、質問に答え終わって完了ボタンを押して結果が出る前に広告のムービーが入りました。
広告ムービーが入るのがお好きじゃない方には、おススメしません。

Qsun

カメラで撮影して判定するタイプのアプリ、「Qsun」を試してみました。

英語過ぎて、少しドキドキします。(日本語にする設定はなさそうでした。)


1日2回までの撮影なら無料で使えるって事だったのか、2回しか撮影できませんでした。
日付が変わったら、また撮影可能になったので「1日2回」の診断なら無料で楽しむ事が出来ます。

メニューバーを開いて、カメラマークの項目を選んだら撮影モードになります。

クマ・シミ・ニキビがあるかを写真から解析して、肌年齢を決定するみたいでした。
肌年齢は27歳って事みたいでした。初めて計測したので、素直に喜べない疑り深い私でした。

いろいろな機能を使うには、課金しないといけないみたいでしたが、使い切りで終わらせるなら無料でも楽しめます。

YouCamメイク

こちらもカメラで撮影して判定する方式の「YouCamメイク」、日本語に安心しました(笑)

「肌年齢25歳」、わぁ・・・本当だと嬉しいですね。(笑)
こちらは回数制限がなかったので、何度か撮影してみましたが「25~28歳」の結果になりました。
ちょっと悲しいというか、不服と言うかだったのが目の下にあるホクロをシミと判定された事ですね。

肌年齢診断は正確か?

実年齢よりも若く出たのは嬉しいけども、これに関しては正確なのかが判断しづらいですね・・・。
2つ試してみて言えるのは、「診断結果が近い年齢で出たので、精度は同じくらい」って事ですね。
ここでかけ離れた年齢が出ていたら、精度はマチマチですって事になったけど同じくらいだったので、精度を知れたのは収穫ありって気持ちでいます。
個人的には回数制限もなく、なじみ深い日本語で操作できた「YouCamメイク」がおススメです。
有料のプレミアム版もありますが、無料で色々楽しめたので気軽にインストールして診断して化粧品選びにいかせるんじゃないかと思います。

アプリの肌診断を試してみた感想

肌質を知る診断が試せなかったのは残念でした・・・。肌年齢診断は落ち込むポイントもありましたが、けっこう楽しかったです。
私はAndoroidだったので試す事ができませんでしたが、iPhone用で「肌パシャ」「SQUINSCAN」「CosBeauty」ってアプリもあったので試してみたかったです。

肌質の診断に関しては、インターネットでできる化粧品ブランドのサイトや美容関係のサイトの物が個人的にはおススメです。
いろんなサイトの診断を試してみた結果をまとめた記事も書いたので、参考にして頂けたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です